抹茶商品の袋詰め仕様と表記についてのご説明/抹茶袋裝商品之樣式及印記說明/Specification of Matcha Bag

           抹茶商品の袋詰め仕様と表記についてのご説明

お客様 各位

抹茶の需要が国内、海外ともに好調のため、従来の半自動詰め機に加えて、新しく全自動詰め機を導入いたしました。

全自動詰め機の(1)開口部分の溶着 と (2)賞味期限の印字箇所は、以下の様に、従来の半自動詰め機と若干異なります。

【参考】

半自動詰め機で生産した袋Aと全自動詰め機で生産した袋Bは、開口部分の溶着と賞味期限の印字箇所が違いますが、両方とも㈱丸久小山園の自社工場で生産した製品です。

 

             抹茶袋裝商品之樣式及印記說明

致各位

因應國內外抹茶需求量增加,本公司在使用原本的半自動包裝機器之外,導入了新的全自動包裝機器。

全自動包裝機器製造之 (1)袋子封口部的軋線 及 (2)賞味期限(最佳食用日期/此日期前最佳)的印記位置 與以往的半自動包裝機器之產品有不同處(詳述如下)。

【參考】


半自動包裝機器生產的「袋A」與全自動包裝機器生產的「袋B」,雖在袋子封口部及賞味期限印記位置有所不同,但皆為株式会社丸久小山園工廠之產品。

               Specification of Matcha Bag

Dear customers,

Recently, to meet the high demand of Matcha in domestic and overseas market, we apply not only the usual semi-automatic machines, but also new automatic machines to pack Matcha.
There are two nuances between the bags packed by a semi-automatic machine, and an automatic machine (Please refer to the details below):

Despite the above nuances, both Bag A and Bag B are from the factories of Marukyu Koyamaen Co., Ltd.