ENGLISHページはこちら
丸久小山園のこと 丸久小山園のこと
丸久小山園のこと

沿革

丸久小山園は元禄年間、茶に適した宇治小倉の里で園祖小山久次郎が茶の栽培と製造を手がけたのが始まりです。
以来、代々にわたり、宇治茶の伝統と品質の改善に努め、四代後には茶の販売も手がけるようになりました。
その後、明治に入って八代目を継いだ元次郎が全国に販路を広げました。
その「品質本位の茶づくり」は、栽培から製造まで一貫して行われ、数々の賞や栄誉をいただき、多くの人々に品質の小山園と広く親しまれております。

モットー

品質本位の茶づくり

丸久小山園のこと 丸久小山園のこと
丸久小山園 本社工場

本社工場・本店
京都府宇治市小倉町寺内86番地
営業時間:午前9時~午後5時
休業日:日曜日、祝日、土曜不定休
土曜営業日の詳細は新着情報
電話:0774-20-0909

丸久小山園 槇島工場

槇島工場・抹茶ショップ
宇治市槇島町中川原172-4
営業時間:午前9時30分~午後5時
休業日:土曜日、日曜日、祝日
電話:0774-25-0505
工場見学のご案内ページ


周辺の地図(宇治)
Google マップで見る
社 名 株式会社  丸久小山園  
マルキュウ コヤマエン  
所在地 〒611-0042 
京都府宇治市小倉町寺内86番地
代表電話 0774-21-3151
お問合せ 0774-20-0909
FAX 0774-28-2288
創業 元禄年間
設立 昭和39年2月 株式会社に改組
事業内容 日本茶等製造販売
代表者 代表取締役社長 小山元治
資本金 4,500万円
社員数 90名
工場 本社工場 
京都府宇治市小倉町寺内86番地
槇島工場 
京都府宇治市槇島町中川原172-4
直営店 西洞院店・茶房「元庵」 
京都市中京区西洞院通御池下る西側
ジェイアール京都伊勢丹店 
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
京都高島屋店 
京都市下京区四条通河原町西入真町
ご用達 全国有名社寺・茶道宗家
お取引先 全国茶小売店・茶道具店、グルメスーパー、食品メーカー等

丸久小山園 本社工場

本社工場・本店
京都府宇治市小倉町寺内86番地
Google マップで見る

営業時間:午前9時~午後5時
休業日:日曜日、祝日、土曜不定休
土曜営業日の詳細は新着情報
電話:0774-20-0909


丸久小山園 槇島工場

槇島工場・抹茶ショップ
宇治市槇島町中川原172-4
Google マップで見る

営業時間:午前9時30分~午後5時
休業日:土曜日、日曜日、祝日
電話:0774-25-0505
工場見学のご案内ページ



品質方針 品質方針
品質管理の様子 園主 小山元治

園主 小山元治

私たちは風味が優れ、しかも安全でお客様に安心と納得をしていただけるお茶づくりの継続的な改善に徹し、お客様の心の安らぎと健康に貢献します。

品質管理について
品質管理について

品質方針に基づいて下記の様に各項目を日々管理し、改善を続けております。

風味

外観、味、香りなどのお茶本来の品質について、園主をはじめとする審査専門スタッフ数名によって行われる官能検査。

安全性

一般生菌数、大腸菌群、カビ酵母などの細菌検査と、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)と液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS/MS)による残留農薬検査。

その他の理化学検査によるサポート

水分測定 簡易型赤外線水分計と常圧加熱乾燥法による水分管理。
色測定 色彩色差計による色あい管理のサポート。
粒度測定 ブレーン空気透過法とレーザー回析式粒度分布測定機による抹茶の細かさの管理。

品質管理の様子 園主 小山元治

園主 小山元治

品質管理の追求や顧問研究所との共同開発によって、認証や特許を取得しております。

品質マネジメントシステム・ISOロゴ
品質マネジメントシステム
ISO9001認証取得
有機加工食品認証ロゴ
有機加工食品認証取得

・抹茶ペースト等の独自の技術による特許取得


丸久小山園のこと 丸久小山園のこと

当園では毎年お茶づくりを競う全国茶品評会などに、栽培から製造まで一貫してつくられた自園茶を、品質向上のために出品し、 幾度も大臣賞を受賞しております。
※昭和40年まで両茶品評会審査員に前園主が任命され、自主的に出品を辞退しました。平成24年・平成25年には審査委員に現園主が任命され、出品を辞退しております。

 
平成26年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成22年 全国茶品評会 第2位  
平成20年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成18年 全国茶品評会 第1~3位独占 農林水産大臣賞受賞
平成17年 全国茶品評会 第1位 3位 農林水産大臣賞受賞
平成14年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成13年 全国茶品評会 第1位 2位 農林水産大臣賞受賞
平成12年 全国茶品評会 第1~4位独占 農林水産大臣賞受賞
   関西茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成11年 全国茶品評会 第1~3位独占 農林水産大臣賞受賞
平成10年 全国茶品評会 第2位  
平成9年 全国茶品評会 第2位  
平成7年 関西茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成4年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成2年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
平成元年 関西茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
昭和63年 全国茶品評会 第1~3位独占 農林水産大臣賞受賞
   関西茶品評会 第2位  
昭和62年 全国茶品評会 第1~3位独占 農林水産大臣賞受賞
   関西茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
昭和60年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
   関西茶品評会 第2位  
   全国茶審査技術競技大会 園主満点優勝  
昭和59年 関西茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
昭和56年 関西茶品評会 第2位  
昭和55年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
   関西茶品評会 第2位  
昭和54年 関西茶品評会 第2位  
昭和53年 全国茶品評会 第1位 農林水産大臣賞受賞
   関西茶品評会 第2位  
   全国茶審査技術競技大会 園主優勝  
昭和52年 全国茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
   関西茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
昭和51年 全国茶品評会 第2位  
昭和50年 全国茶品評会 第2位  
昭和49年 全国茶品評会 第1位 2位 農林大臣賞受賞
昭和48年 全国茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
昭和47年 全国茶品評会 第2位  
   関西茶品評会 第2位  
昭和46年 全国茶品評会 第1位 2位 農林大臣賞受賞
   関西茶品評会 第2位  
昭和45年 関西茶品評会 第2位  
昭和44年 全国茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
   関西茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
昭和43年 全国茶品評会 第2位  
   関西茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
昭和42年 全国茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
   関西茶品評会 第1位 農林大臣賞受賞
このページのトップへ