ENGLISH

お茶を楽しむ

煎茶の淹れ方

  1. 急須にお茶の葉を入れる。葉の量は3人分で大さじ軽く2杯(小さじ軽く4杯)、約7~9gです。
    (5人分では、大さじたっぷり2杯、約11~13gです。)
  2. ポットのお湯を煎茶用の小振りの湯飲茶碗3碗に8分目(各約60cc・計約180cc)程入れて、お好みに合わせて冷まします。 まろやかな風味を楽しみたい時には、湯飲茶碗の熱さが少し弱くなるまで冷まします。
    湯温が95~98℃から70~75℃に下がります。 適度な渋みと香りでさわやかに楽しみたい時には、湯飲茶碗が熱くなり、弱まる前に急須に注ぎます。 湯温が95~98℃から85~90℃に下がります。
  3. 急須にお湯を注ぎ、お茶が浸出するのを待ちます。
    湯温が低めの場合は、1分位待ちます。
    湯温が高めの場合は、30秒位待ちます。
  4. 各茶碗に均等の濃さと量になるように注ぎ分け、最後までしっかり絞りきってください。
  5. 二煎目はお湯を入れてから10秒位待つだけにしてください。

8分目程までお湯をそそぐ

急須にお湯を移す

お茶が浸出したら注ぎ分ける

最後までしっかり絞りきる


お茶に使用するお水について

水道水は・・・

ミネラルウォーターは・・・

西洞院店でも「玉露・煎茶の美味しい淹れ方」教室を実施しています。(平日午前10時開始 予約制)

お茶を楽しむ

このページのトップへ